時代はイケメンからイクメンへ!

名古屋イクメン計画 No.29
今回の名古屋イクメンの内容

まだまだ仕事で無理はきくし、お酒もガンガンいける!気分は20代…なんて過信している「名古屋イクメン」も多いのではないか。はたまた、思うままに食べ、膨らんでいくお腹を見てみぬふりし、休日は昼まで寝て、“着の身着のまま”で家族とおでかけ。あげくの果てには健康診断でアウト…な「名古屋イクメン」もいるのでは? 一家の大黒柱たるもの、健康が第一!健康なイクメンこそが家族を幸せにできるのだ!


毎日、仕事やおつきあい、育児でパワフルに動く「名古屋イクメン」。 エネルギーチャージは1杯のビールと我が子の笑顔… 元気は出るが、お腹も出てきてカラダの中身は赤信号。 健康診断にビクビクする前に、自らケアして健康体を手に入れよう! 治療院の先生による「お金をかけない “カラダケア ” 」を伝授!

★原稿協力:松本治療院 院長ブログ 「こころに効くツボ」より


疲労回復,栄養ドリンクには頼らず、 晩ご飯の一品に

疲労回復

疲労時に飲みがちな栄養ドリンク。効能は、ビタミンB群、タウリン、カフェインによりますが、このうちビタミンB群とタウリンは水溶性なので、余分になると尿で排出されます。飲み過ぎても意味が無いという事ですね。また、栄養ドリンクは糖分が多く高カロリーなため、飲み過ぎれば太ります!飲んだ時は元気になったと錯覚しますが、眠気や疲れを一時的にマヒさせているだけなので基本的には全く元気になってないです。(ドラゴンボールの仙豆みたいに体が回復するといいのですが…)栄養ドリンクを飲んだ上で無理すると、疲れた身体に余計に負担をかけてしまいますので、お気を付け下さいね。


また、筋肉疲労の場合、その疲労=筋肉に乳酸が溜まった状態です。その乳酸を除去するのが「クエン酸」。クエン酸は果物やお酢、梅干しなどのすっぱい味の成分です。なので筋肉の疲労回復を促進するためには、レモンなどの酸っぱい味の果物や、お酢を使った食べ物、飲み物が効果的です。クエン酸を意識した、こんなメニューはいかがでしょうか?ハチミツにレモン果汁を入れたレモネード(運動で失われた糖分とクエン酸補給)タコの酢の物(タウリンを多く含むタコと酢のクエン酸のコラボ)。クエン酸は痛風の原因物質の「尿酸」を尿で出すのを促進する作用もあるので、痛風が心配な方も少し多めに酢の物を摂ってみてはいかがでしょう。


睡眠,休日の「寝だめ」は禁物! 日中、度を超した 睡魔に襲われなければ合格

睡眠イラスト

標準の睡眠時間は6〜8時間です。ただ、あくまでも標準なので、体調が悪くならなければもっと少なくても大丈夫ですよ。これは、昼間に眠くならないかどうかがポイントになります。昼食後はリラックスしてると軽い眠気は来るものですが、それ以外に度を越してやたら眠たいようだと睡眠が足りていません。逆に極端な話、3時間しか寝てなくても日中眠くなく元気に過ごせるなら、その方にはそれで足りているんです。睡眠の取り過ぎもだるくなったり、場合によっては頭痛を引きを越したりするので、オススメできません。ご自分の身体にあった睡眠時間を守って下さいね。


また「寝だめ」は有効ではありません。人間の睡眠は、前もって多めに寝ておいた分が貯金されるようにはできていません。ですが、前の日に寝不足で睡眠時間が足りない分を、次の夜に長めに寝てリカバリーするのはある程度可能です。慢性的に睡眠不足の人がたまにゆっくり寝ると、いつもより眠気が少なくて寝だめが効いたと勘違いするかも知れませんが、『睡眠の貯金ができた』のではなく、『借金が無くなった』だけです。休日にお昼まで寝て、かえってだるくなった経験はありませんか?必要以上の睡眠は貯金できないだけでなく、体内時計のリズムを乱したり、体調を悪くしたりとマイナス面も多いです。


運動,ストレス解消&ダイエットを¥0で 早朝ウォーキングでスッキリ! サクッと仕事の効率もUP!

運動イラスト

健康の為にどんな方にもオススメしたいのがウォーキングです。気分転換の効果も高く(ストレス食い予防)、しかもタダ。こんなに好条件の揃った運動は他に見つかりません。30分歩くだけで100kcalほど消費し、毎日続ければ筋肉も微妙に増えて基礎代謝量が上がります。毎日30分歩けば、1ヶ月で-3000kcal、脂肪1?減らすのに必要な7000kcalの半分に迫ります。まずは、個人差がありますが、疲れや痛みが出ない程度(はりきってハードにやりがちですね)で行って下さい。始めは「全然物足りない」と感じるくらいの楽なペースで身体を慣らし、調子を見極めたうえで、1回に何分くらい歩くのか、週に何回歩くのかを調節して行って下さい。ウォーキングの良い姿勢は、背筋を伸ばして歩幅を広くとり、ひじを直角に曲げて腕を大きく振り、なるべく速足で歩いて下さい。


オススメは早朝のウォーキング。個人的には早起きして早朝の街が静かな時間帯に歩くとスッキリした気分で一日が始められて、とても気持ちが良いですね。食後すぐや就寝前は控えて下さい。糖尿対策にウォーキングをされる方は、食後1〜2時間後に15分以上歩くとインスリンの関係で血糖値を下げる効果が高いとされています。ウォーキングシューズは軽くて靴底が厚めのものを選んでください。靴底の薄い物は膝や腰に負担が大きくオススメできません。


お酒,「百薬の長」は味方に!

お酒イラスト

少量だけ飲むならアルコールは「酒は百薬の長」とも言われるくらい、健康に有益な面もあります。例えば、1日ビール1本(大瓶)、日本酒1合程度です。飲んでる量が少なければ、特に休肝日を設けなくても肝臓は疲れずに働きます。


また、お酒にウコンが良いとされるのは、ウコンの成分の「クルクミン」によります。クルクミンは、血中コレステロール値の改善・肝機能の強化・胆汁の分泌促進という効能が有り、アルコールの分解を早める効果があると言われています。お酒を飲み終わって、身体が必死にアルコールを分解している最中に飲むのが1番効果的ではないでしょうか。ただし、過剰摂取は禁物です(多量摂取による肝臓の脂肪変性の疑いが示されています)。ウコンを飲んでも、お酒を飲みすぎていたら二日酔いになります。あくまでも、ちょっと肝臓を助けてもらうくらいのイメージで、お酒もウコンドリンクもほどほどの量で楽しんで下さいね。最後に、やりがちな、サウナからのビールの流れですが、サウナはとてもたくさん汗をかくので、体は軽い脱水状態になります。体内の水分が減った分、お水を飲んでも吸収されるまでに結構時間がかかります。体中に水分が足りない状態で、利尿作用が高いビールを飲んで、おしっこを出すと、ますます脱水状態が進んでしまいます。この時、血液はドロドロ状態になり、場合によっては脳梗塞、心筋梗塞の原因になります。くれぐれもサウナをご利用後は、アルコールや激しい運動は控えて下さいね。


なごやか坊や


タイムズスペシャル今月号 タイムズトピック今月号


プロジェクト認定店

NEWRESONASON

クラシックな作りの子供服や 親子で着たくなる!服のセレクトショップ★ キッズ・ママ・パパへのセレクト...

おでかけイベント

NEWA LIFE LABO (アライフラボ)

女性の日常の不安を解消し 笑顔あるエシカルライフをおくるための講座開催☆ アライフラボは「自分を、そ...

  • ベビーザらス オンラインストア
  • O-BABY.net
  • 中日新聞折込みタブロイド紙「ROOS(ローズ)」の会員サークル