産後ケアインストラクター REINAさんが教える!理想の産後BODYのつくり方[冬に負けない カラダづくり]女性のカラダは冷えると、太りやすくなるだけじゃなくて 女性の病気になりやすかったり… 風邪をひきやすくなったり… 今回、REINAさんが教えてくれるのは 産後女子はもちろん!20歳代の独身女子にもおススメの 「冬に最適エクササイズ」です。

天敵「冷え」を知る[カラダが冷えると何がいけないの?」

カラダが冷えると、血液の循環は悪くなります。
私たちのカラダは常に有害な物質を取り込んだり、発生させてたりしています。しかし、血液がそういった有害なものを取り込み、排出してくれるのでカラダは元気に保たれているんです。だから血液の流れが滞ると、有害物質は体の中に留まり、病気の元になってしまうんです。それに血液には栄養を行き渡らせる機能もあるので、カラダに必要な栄養も行き渡らなくなり、さらに病気になりやすくなってしまうのです。
また、内臓などの動きを健全に行うためには「酵素」が必要です。この「酵素」は人の体温が36.5度のときにいちばん力を発揮すると言われています。カラダが冷えていると「酵素」の働きが悪くなり、内蔵の動きが悪くなり不健康になってしますのです。



筋肉をほぐす = 冷えないカラダ

心臓から送り出された血液は「心臓のポンプ機能」によって、全身に行き渡ります。でも、その血液が心臓に戻るときは「筋肉とリンパ節のポンプ機能」を使うんです。
だから筋肉やリンパが固まっていると、血行が悪くなり、冷えやむくみの原因になってしまうんですね。
男子にくらべて女子が冷えやすい理由には、少ない筋肉量で血液のポンプをするわけだから、当然なのかもしれませんね。


足先の「冷え」。すぐに「くつ下」をはくのはNG!

冷え性で一番多いのは「足」という方、多いのではないでしょうか。
冷えた足にすぐに「くつ下」を履いてしまうのは、実はNGなんです。冷えたままの状態で「くつ下」を履いてしまうのは「冷えた状態」を保ってしまうため、逆効果。まずは足の芯を温めてから「くつ下」を履くようにしましょう。足が温まってから保温しないと「くつ下」は効果を発揮しないんですね。


冷えに効く!エクササイズ:ポイントは股関節。股関節は「冷え」取りの重要なポイント。股関節をほぐし、血行を良くすることは、全身に血液を循環してくれるので「冷え」の対策となる。

免疫力をあげて、風邪を寄せつけない!:ポイントは背中。背中を柔らかくすることで、神経回路にスイッチが入り自律神経が活発になり健康なカラダに近づきます。

むくみをとってポカポカでスレンダーな足に!:ポイントはふくらはぎ。冷えた足はなかなか手強い!しっかりほぐしてあげることでポカポカしてくるのはもちろん、むくみも取れて一石二鳥!足三里というツボはヒザのお皿の下のくぼみから指4本分下の 足の外側にあります。このツボは押すと痛いのですが万能のツボと言われていて、冷え以外にも効果絶大!男女問わず覚えておくといいツボです。

産後のエクササイズ、だいたいどれくらいの回数やればいい?:エクササイズは基本、無理しないことが大切です。「辛い、無理だなぁ」と感じたら必ずすぐにやめて下さい。少ない回数や時間でも、毎日回数を重ねることで少しづつ沢山できるようになります。産後の体、無理は禁物です。


こんな時は、できるだけ早めに病院へ。


タイムズスペシャル今月号 パパタイムズ今月号


プロジェクト認定店

NEWRTA指定スクール リラ

春日井市にある、お子様連れOKな リフレクソロジー&ヘッドスパのサロン☆ お子様連れOKの英国式リフレク...

おでかけイベント

NEW中川児童館

小さな子から大きな子まで、 だれでも自由に遊びに来れるよ! 中川区の東側にあり、建物の二階が児童館...

  • ベビーザらス オンラインストア
  • O-BABY.net
  • 中日新聞折込みタブロイド紙「ROOS(ローズ)」の会員サークル