遊ぶだけでもいいんだけど…ついでに学べたらもっといい!そんなママ&パパの声にお応えできる「遊びながら、学べる」おすすめのスポットを紹介します。土や粘土で創造を学べる「ノベルティ・こども創造館」水について学べる「愛知県下水道科学館」自然や生き物について学べる「岩倉市自然生態園」

「赤ちゃん・子どもは楽しければそれでいい」…でも   その上「学べ」ちゃったらなおよしっ!   今回は小さな子どもから小学生まで楽しめる 「遊びながら学べる」スポットをご紹介!


ノベルティ・こども創造館

こねて、まるめて、つちタッチ! 土と遊ぼう!

瀬戸市にある「ノベルティ・こども創造館」は陶磁器の町ならではの土を使った創作体験ができる。土を使った楽しい遊びがいっぱいで、小さな子どもはもちろん大人も土の面白さに触れることができる。「つち★スタジオ・つちタッチ工房・つち★ラボ」といった土を使った創作体験を楽しめるコーナーは、毎日開催しているのも嬉しい。各コーナーには、つちの性質や色の違いなど、変化を楽しむプログラムが用意されていて、「ねんど宝石」、「つちプール」、「とろ〜り石こうクッキー」など季節等によって内容も変わっていくので、何度来ても楽しめます。内容は瀬戸市のホームページで確認を。


■瀬戸市「ノベルティ・こども創造館」ホームページ
 http://www.city.seto.aichi.jp/




岩倉市自然生態園

身近な自然にふれあい、自然のなかで成長できる!

自然生態園は、失われつつある自然環境を復元・保全し、身近な自然にふれあう場として整備したビオトープ型※の公園。樹齢200年を超えるシラカシの木をはじめ、約100種類の草木が生息する森「津島神社の森」に隣接しており、園内には小川、池、湿地などとともに草屋根昆虫館や木製タワーなどがあり、街なかでは感じることができない自然を感じることができる。
※ビオトープとは湿地、雑木林、池などに存在する固有の動植物群を保持する空間のことで、動物が自力で生活し、その「種」の永続的な持続が可能な場所や環境のことです。


自然や生き物を体験するイベントで最高の遊びと学びを!

自然や生き物を体験するイベント「ザリガニ釣り大会」、「夜の観察会」、「標本づくり体験教室」などが開催されている。なかでも「とんぼ池であそぼう」は、池の生態系を維持するために水を抜いたとんぼ池に、子どもはもちろんパパやママも入ることができ、日ごろ体験できない泥んこ遊びをしながら、メダカやザリガニなどを捕まえて生き物とふれあうことができるのも嬉しい。パパやママも子どもの頃を思い出して遊べること間違いなし。


■岩倉市「岩倉市自然生態園」ホームページ
 http://www.city.iwakura.aichi.jp/culture/88vtda0000002akd.html




愛知県下水道科学館

暮らしに欠かせない「水」を知って、水の大切さを学ぶ!

私たちの生活のなかで最も身近で大切な水。暮らしの中で汚してしまった水をきれいにする下水道の仕組みや働きを中心に、下水道や水のことを分かりやすく紹介しているのが愛知県下水道科学館。ゲームやクイズなどで体感しながら学ぶコーナーが多いので楽しく遊びながら学べる。水のシアターでは迫力ある3D映像で、水の大切さを分かりやすく実感できる。また幼児が遊べるコーナーや図書コーナーもあるので小さな子ども楽しめる。屋外には芝生広場や遊具、ビオトープ(毎月第2・第4土曜日のみ開放)もあり、家族で1日ゆっくり楽しめる。


■愛知県下水道科学館ホームページ
 http://www.eppy.jp/





プロジェクト認定店

NEW茶臼山高原スキー場

今シーズンは25周年イベントを多数開催! そり&雪遊びデビューにぴったりのスキー場 そり専用ゲレンデ...

おでかけイベント

NEWチビママサークル With Kids

チビママ(子育てママ)の笑顔 もっと素敵に!輝いて! 「ママの笑顔のために!ママの笑顔が子供たちの...

  • ベビーザらス オンラインストア
  • O-BABY.net
  • 中日新聞折込みタブロイド紙「ROOS(ローズ)」の会員サークル