やごと周産期ネットワーク「共通診療ノート」と妊活支援・母子手帳・育児手帳アプリ「ママケリー」の連携がスタート

新着情報

名古屋第二赤十字病院(名古屋市昭和区)と、妊活支援・母子手帳・育児手帳アプリ「ママケリー」を提供する日通システム株式会社(東京都)は、やごと周産期ネットワーク「共通診療ノート」と母子手帳の情報をウェブ上で参照できる仕組み「周産期WEB」を構築し、「ママケリー」との連携をスタート。

診療情報と母子手帳の情報をウェブで管理!

やごと周産期ネットワークとは
妊婦健診を連携クリニックで主体的に受け、出産を名古屋第二赤十字病院で行うという、地域が一体となって新しい「いのち」を育んでいく仕組みです。

産婦人科の減少
昨年末、厚生労働省より、産婦人科や産科がある病院は27年連続で減少していることが発表されました。出産が可能な病院が減少することにより、妊婦さんにかかる負担も大きくなります。例えば、普段診療を行うクリニックと、実際に出産をする病院が異なる可能性が高くなります。その際、2つの病院間の連携は妊婦さん自身が担うこととなります。

「共通診療ノート」による正確な情報共有
妊婦さんがクリニックからもらった情報を、病院側にすべて正確に伝えることは簡単ではありません。どんなに些細な情報でも、誤って伝えたり、伝え忘れたりすれば、母子が危険な状態になってしまう可能性もあります。やごと周産期ネットワークでは、名古屋第二赤十字病院を中心に連携クリニックと妊婦さんを共通の情報である「共通診療ノート」を用いて連携を行い、安心・安全な出産の実現に取り組んでいます。

妊婦さんはアプリで管理!

ママケリー(アプリ)連携で緊急時などへ対応
現状、「共通診療ノート」は、紙媒体にて管理・運用している為、妊婦さんが受診時に忘れた場合や紛失してしまった場合、緊急時などに対応が出来ない、母子手帳情報と比較しづらいなど、不便な事象が発生しています。そこで、「共通診療ノート」と「母子手帳(ママケリー)」の情報をウェブ上で一元管理する仕組み「周産期WEB」を構築することで現状の課題を解決します。

「周産期WEB」の機能
1.妊婦さん・名古屋第二赤十字病院・連携クリニックの情報共有
情報をウェブ上で一元管理することで、不測の事態に同じ情報を参照することができます
2.ママケリーとの連携
共通診療ノートとママケリーに入力した母子手帳の情報を簡単に参照することができます
3.過去データと比較
過去の出産の状態と妊娠中の経過と今回の経過の確認ができます
4.データ入力の簡易化
共通診療ノートと母子手帳の写真を撮影し、ママケリーから代行入力を依頼できます

ママケリーはどんなアプリ?  〜妊活・産前・産後まで〜

妊活・妊娠・出産・育児の記録をひとつのアプリで簡単に管理することができます。選べる切替モード(妊活・産前・産後)でアプリを入れ替えることなく、ずっとこのアプリ1つで大丈夫です。いくつもアプリをインストールする必要がありません。

産前モードでは、母子手帳の内容が全てデータ化されているので、電子母子手帳としてお使いいただけます(※面倒な方は代行入力も)。エコー写真やマタニティフォトも保存できるので、楽しく妊婦健診を記録できます。写真や入力したデータはすべてクラウド上に保存されるので、スマホの容量を気にすることもありません。大切なママの健康と、赤ちゃんのすこやかな成長のために、「ママケリー」を使ってみてください。

★DATA

■アプリ概要
正式名称:ママケリー
開発・運営:日通システム株式会社
対応端末:iPhone、Android
価格:無料
ダウンロード:http://onelink.to/4tu2gc
URL:https://www.nittsusystem.co.jp/mamakelly_lp
公式 Instagram:https://www.instagram.com/mamakelly_official/
公式 facebook:https://www.facebook.com/mamakelly.official/

<やごと周産期ネットワークについてのお問合せ先>
名古屋第二赤十字病院 産婦人科外来
TEL:052-832-1121 FAX:052-832-1130

関連記事一覧